188

・テイクオフコース・ coconaさん  ・京都府・

 

Yoshiさんのプライベートレッスンに通い始めてから10か月が経ちました。

現在、3クール目の途中で15回受けさせていただきました。

グループレッスンは昨年7月からたぶん11回参加しました。

この1年の間、単純計算で2週間に1回 Yoshiさんとお会いさせていただいているこのことがありがたいです。

 

Yoshiさんに出会えてよかった

Yoshiさんのもとに通えるご縁があってよかった

毎日毎日そう思います。

Yoshiさん、本当にありがとうございます。

 

1年前の私の生活と 今現在の私の生活は、変わりました。

1年前、私はこの旅が苦でした
この旅をすることが強迫観念になってた。
内観も浄化ワークも坐禅も、やらなければ!という鞭を自分に打ってやってた
そうしないとダメな自分になるっていう強迫観念のもとにやってた
この旅を、特別なことを私は頑張ってるという風に認識してた

 

今は、ただこの旅に出会えて、そのことがありがたい。
このどうしようもない人間だから、この旅だった。
こんな私を救ってくれるものに出会えてほんとよかったという認識です。
特別なことをがんばってる という認識ではなくなった。
そんなこと思ってたからしんどかった。

 

今はこの旅が生活に溶け込んでます。

生活=この旅

この旅=生活=ただ生きる

ただの人間が、ただ生きる。

私は、この旅があって救われました。

安達さん、akiさん、ありがとうございます。

そして、Yoshiさん、ほんとに出会えてよかった。

何度でも言いたくなる。ありがとうございます。

 

SBCはルーティンになりました。

朝、家族を送り出して、洗濯をして、SBCをして、それから朝ご飯。

こういう流れになりました。

お昼前後に、内観・浄化ワーク(どっちかだけになる時もある)をする

それもなんとなく体がそう動いている

でも、用事があるときとか、こういう流れにならない時ももちろんあります。

だけど、それもOK

「やる自分」、「がんばる自分」が大好きで、誇りで、そこに価値を置いてました。

「やる自分」、「がんばる自分」、「努力する自分」、そういう自分を求めてそういう自分でいる時間を増やそうとしてた。

 

自分に価値をつけたかったから
自分を好きになりたかったから
自分がイヤになりたくなかったから

 

他人に尊敬されたかったから
他人に認められたかったから
他人にバカにされたくなかったから

 

やらない自分は否定して、やる自分、がんばる自分、努力する自分になろう、良くなろうと頑張ってた。

1年前、Yoshiさんと出会うまでずっとそうしてた。

そう、だから、この旅はしんどかった。そして自我満足の旅になってた。

Yoshiさんは、根気よく、自我満足の道に踏み外す私をこっちですよって、案内してくださいました。

Yoshiさんと出会って、はじめて私は、自分が何をしているのかわかりました。

 

そして、
いかに視野が狭いか。

いかに自分のことが見えてないか。

いかに自分のことを勘違いしているか。

いかに自分を上に置いてるか。

いかに自分が傲慢か。

いかに自分の利益しか考えてないか。

それを、何度も何度もYoshiさんと話すことで気づかせていただいた。

 

それが悪いって言ってるんではなくて、それが自我だということ。自我を知ること。自我を自我として見ること。

自分を守りながらの自己否定をしてること

私はこんなに自分を否定してる=いい人だを握りしめながらの自己否定。
ほんとに否定なんかしてない。自分がかわいくて仕方ない。

ほんとのほんとにイヤな自分には目をつむってる。目をつむってることにも気づいてない。

覆い隠して見えなくしてるほんとにほんとに見たくないイヤな自分

それを見ることに踏み出せたのもYoshiさんのおかげでした。

 

本気の本気で、すべてのすべてが、自分だと思ってなかった。ということもYoshiさんのおかげで自覚することができました。

ほんとにほんとにあいつが私……!! だと自覚した時、ショックで崩れ落ちる感じでした。

外に映っているものは、全部、自分。外の世界は自分が映っている鏡

今は、

ほんとに全部自分だって思います。

 

価値を置いてた「やる自分」、「がんばる自分」、「努力する自分」、これだけのことをしてきた、積み上げてきたもの(浄化の旅関連だけではなく)

これが大きかったから、苦しくなってた。

例えば、毎朝SBCをしてる自分。
ただそうしたら気持ちいいからやってるだけで、気が付いたらそういうルーティンになってたわけだけど。。

 

ふと、その毎朝SBCをしてる自分を誇りにしちゃったら、そこに価値を付けちゃうと、途端にやることの敷居が高くなる。

なにかをやってる、やった自分に価値を付ける→しんどくなる という構図に気づいて、そこから価値を付けてる思考を見るようになりました。

 

そして、価値を付けないようにした。付けるも付けないも何をしたから、何をしなかったからって価値がある、ないは、関係ない。

結びつけないようにした。

やってる自分を、今までなら褒め称えてた自分の行動を ただ眺めるだけにした。

そうしたら楽になった。

 

やってる自分も
やってない自分も
同じになった。

 

たぶん、毎日SBCをすることで、身体が整ったのかな。と感じます。

身体の感覚を感じるようになりました。

身体が苦しい状態にならないように、自然と、身体が欲しがる食べ物を食べるようになりました。

SBCも、身体が求めるからやっているという感じです。

 

前の晩に寝るのが遅くなって、明らかに寝不足で、だるくてしんどいなぁという時も、SBCをしたら、血液が、リンパがスーッと流れていく感じ。乱れていた感じが整う感覚が来ます。
そして身体のしんどさも軽くなってる。

 

自我にからめとられていて抜け出せない時は、めっちゃお菓子が食べたくなる。気持ち悪くなるとわかってても、もうめちゃめちゃになりたいねん!とにかく目先の快楽を!めちゃめちゃになってわけわからんようになりたいわー!っていう自我に巻き込まれるがまま食べてしまったりする。

 

でも、身体が整っている時は、甘いものがあまりいらない。食べたい物が結構変わりました。意志の力とは関係なく、自然に。身体が受け付けなくなった。食べると気持ち悪くなる。

 

お腹が気持ち悪くなるのもあるけど、なんか濁っていくっていうか、うまく言葉で表現しにくいけど、自我に巻き込まれやすい感じになる。なんかどよーんって、にぶくなる。

自我を見張ってられなくなる。

 

それがしんどいから、そっちの方が6対4でしんどいから、食べなくなったのかな。と思います。

日々、しょっちゅう瞬間瞬間巻き込まれまくりなんですが、前より気づけるようになった気がします。

 

自我が反応していることに気づいて、書き出して、自我を知る。またここにこだわっていたかと自我を知る。観念を書き出して浄化。

このサイクルで生活する。

 

自己の内にひたすら向かって、自分を見ること。自我を知ること。

今までの自分を否定して良くなろうとする、良い自分になろうとする自我に気づくこと。

いつでもどこでも自己の利益を優先してる自我に気づくこと。

このシンプルなこと。シンプルゆえに刺激が好きな自我はなんやかんや言うてくる。

でも、Yoshiさんのもとに通わせていただいているおかげで、生活にSBC、自我を知る、観念書き出して浄化ワーク、が溶け込みました。

 

Yoshiさん、これからもよろしくお願いしますm(_ _)m

 


 

 

coconaさん、いつも遠いところから通っていただいてありがとうございます。

途中で諦めず、投げ出さずに、いつも本当にお疲れ様です。

私もcoconaさんとご縁があり出会えて本当に嬉しいです。

少しでもcoconaさんの旅のお手伝いが出来ることがまた嬉しいです。

この旅は外側の変化はわかりにくいことがあっても、じわじわと内側から確実に必ず変わっていきます。

少しの変化や細かいことに囚われずにコツコツとやり続けるだけです。

これからも時に自我にとっては厳しいことも言うかもしれませんが、

一緒に旅を続け、素晴らしい旅の景色を共に楽しめると幸いです。

こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします。

素晴らしい旅の風景を書いていただいてありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

広告